読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jewelry boxes

ただいま時代を創っております

夏の終わりに想うこと。

 

 

 

本日、8月29日。私にとっての2016年夏が無事に終わった。現場にしては7月24日の嵐アリーナツアーから始まり、ゲームイベント、中島ソロコン、蒼井翔太FCイベント、中島ソロコン、サマステ、佐藤ソロコン、と。およそ1か月で7現場をこなした。一言に尽きる。幸せだった。どの現場もその現場現場の良さがあり、つまらなかった現場なんてなかった。勿論のこと。ちなみに去年は中島ソロコン、大野くんの個展、サマステ×2の4現場であったのだから、随分と現場数は膨れ上がった。失くしたものは諭吉だけで、得たものの方が大きかった。

 

 

 

この夏は去年の夏とは意味が違う。今年3月末に事務所を退社した田口くんや、8月に発表されたSMAP解散報道。それらが意味していること。応援している人達がいついなくなってしまうか分からないということである。

 

 

 

ジャニーズJr.においてそのことは理解していた。しかし彼らはデビューする前だから、当然と言えば当然であると認識していた。デビューすれば安泰だろうと思いこんでいた私に何かを訴えるような報道の数々。特に23日の中島ソロコンは「もう中島くんには会えないかもしれない」と思った。自然と思ってしまった。そんな中島くんに関して今、想うことをここで述べておこう。

 

 

 

残念ながら私の同期先輩後輩に「Sexy Zoneが好きな人」「中島健人が好きな人」は居ない。しかし、有り難いことに私の同期先輩後輩に「Sexy Zoneを知っている人」「中島健人を知っている人」は増えてきた。それは安易に私が口酸っぱく口癖のように何かあれば色々なところで「中島くん」と口に出しているからかもしれないし、中には私の男性の同期で「中島くんが好きなんだ」と打ち明けると、「あ、銀の匙の人でしょ?知ってる知ってる!」と、中島くんが勝ち取ったお仕事で知っている人もいる。前者であろうと後者であろうと彼を知っていてもらえていることは私にとって、ジャニヲタとしてやっている限り、とてつもなく嬉しいことである。

 

 

 

だが。問題があるのだ。以前先輩の家で同期先輩含め7~8人ほどで晩ごはんをいただいた時、先輩に「どうしてちるるちゃんは中島健人が好きなの?顔?それとも甘い言葉言うから?」と問われた。私にとって彼の好きなところは、以前も言ったが彼のアイドル魂である。ジャニヲタはまず顔から入ると思うので、顔が好きだということに否定はしないが、顔だけで言うと彼よりも整った顔の人はいると思うし、いつも私がツイートしているように彼が甘い言葉を言っても私にはたいそうなことがない限り響かない。「おお、そうか...」となるだけである。どちらかと言うと、甘い言葉を繰り出すメンタルが好きだ。彼は何事にも一生懸命に取り組み、嫌な顔もせず、彼の持っている100%で全てを返すところや、アイドルとしての天性の発想力に行動力が好きなのである。...ということを先輩にお伝えしたかったのだが、これをただ文字で伝えてもきっと先輩たちには伝わらないと一瞬で悟った。結果私は「じゃあ今度家に来てくださいよ!中島くんの良さを伝えますから!」と答えた。我ながら100点の答えでないか?...少し脱線してしまったが、私はまだ中島くんのファンでない人に彼の魅力が伝わりきれていないことが残念でならないのである。これが言いたい。彼は顔だけじゃないんだぞ、彼は甘い言葉だけじゃないんだぞ、と。そんな人達に見せてあげたいと思ったのが今回の彼のソロコンである。彼の良いところが沢山詰まったコンサート。ファンは勿論のこと、その他大勢の人達に見て欲しいと感じ取った。そんなコンサートであった。ということで私は中島くんのソロコンレポ後編をできるだけ早くあげますね...

 

 

 

だから、そんな素敵な中島くんのステージを、作品を2回感じ取ることができた今年の夏は本当に幸せだったのである。もうこんな素敵な夏は来ないかもしれない。もっと、今以上に人気が出て、簡単に会う事が出来なくなる、そんな人になってしまうかもしれない。彼があの世界からいなくなってしまうかもしれない。私が彼に会いに行ける体でなくなるかもしれない。重たいけど、本当に。そう思ってしまったのだから。そう思わせてくれた1つ1つの出来事にありがたみを感じながら、最後かもしれないことを頭におきながら、会えるだけの、当たり前のようで当たり前でない幸せをかみしめながら、これからも日々ジャニヲタを精進していきたい。だから、いつか後悔しないためにも、これからも沢山の現場に足を運びたい。ジャニーズは尊い。好きだ。

 

 

 

ジャニーズの皆さん、お疲れさまでした。無事にけがなく完走できて、良かったです。休める内に休んでください。中島くんは撮影ラストスパートファイトです。