読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jewelry boxes

ただいま時代を創っております

関西ジュニアのクリパにお邪魔してきた話。

f:id:tanruaruatan:20161208172143j:image

行ってきたでクリパ!!!!

 

久々の遠征。初めての1人遠征。まあ遠征と言っても実家が関西で、宿は実家だからあまり遠征感はないけどそれでも久々の大阪は♪ワクワ~クが止まら~ない現象。ということで、ワクワク感を文字に残すために、備忘録として遠征記録とクリパ感想をつらつらと書きます。12月3日、13:30公演に入りました。お目当ては西畑大吾くんと藤原丈一郎くんです。

 

まずは自宅を7時に出発。7時半の電車に乗り、9時前の東京発の新幹線に乗車。交通費を浮かせるために勿論自由席。ちゃんと窓側を確保してパソコンで課題をやる私、デキる子すぎてやばい(?)。 新幹線の中や東京駅には、いかにも「嵐さまから幸せもらってきます♡」と見せびらかすようにツアーバッグを持ったお姉さま多数目撃。この日はちょうど京セラドームで嵐さんのコンサートがあったのです。いいな~私も幸せもらうからいいんだよ!って感情のまま聡くんの富士山を通過して、あっという間に新大阪。京都あたりから現場前恒例の「胸がいっぱいで食欲がない」症候群が出始めるも、前日にリサーチしたお店のご飯が食べたくて突撃!残しても怒らないでねお姉さん!行ったお店は新大阪駅の中央口から出てすぐ!ほんとすぐのお店でした。

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27067443/

 

f:id:tanruaruatan:20161208173101j:image

個人的にいろんなものをちょっとずつ食べるのが好きなので、9種のバラエティーランチにしました。日替わりみたいなんですけど、カキフライが乗ってて(真ん中右)びっくり!まさか食べられるなんて!おいしくてさっきまでの「胸がいっぱいで食欲がない」症候群はどこへやら、ばくばくと完食しました。お店の雰囲気も良かったし、お店に困ったらぜひ行ってみてください。

 

そして、重い荷物をちょっとでも持たないために、梅田で用事があったので、梅田のコインロッカーを探すも、これまた苦戦。そうだ...この日は嵐さんのコンサート...それでなくても土曜日のコインロッカーはなかなか捕まらないですよねー。しかし天は私の味方に!駅員さんに穴場のコインロッカーを教えてもらい、何とかコインロッカー抑えました。ここでも書いておきます。「 JR大阪駅中央改札 と御堂筋口改札との 間北側東西通路」とコインロッカーサーチには書いてあります。というか最初からコインロッカーサーチ使えばよかったのでは...?次からの教訓。

 

無事に荷物を預けたところで開場時間の12:45。急いで丈くんがジャニウェブで好きだと言っていた御堂筋線に乗車。揺られること5~10分。なんばに到着!そこからはもう秒でつきました。一応関西住みだし、なんば~心斎橋は結構知ってたので!ということで松竹座に到着です。

f:id:tanruaruatan:20161208172154j:image

 関西ジュニア...こいつらにもうすぐ会えるのか...としみじみ思いを馳せて思う存分写真を撮ったらすぐ会場に入りました。そこから2階にあがり、グッズを買いました。リボンブレスレットを買うか本当に悩んだんですが、まあ使わないし、と思ってハリセンペンライト(爆笑)と大吾くんのフォトセットだけ購入して、いざ座席へ。

 

初めての松竹座ということで2階席がどこかわからないものの、お姉さんが「お座席はすべてこの階より上です」と大きな声で言っていただいたおかげでそのままエスカレーターに飛び乗る。そして座席に着弾。

 

...えっと近くないか??

 

座席はどういうわけか2階最前なんですよねー。日頃の行いがいいからなのかな?それとも名義が強いのかな?ともかくワクワクしながら20分待機。そして関ジュサンタが上手から走って来て、いいともの手拍子のアレをやる。んー、関西!そしてプリティ道枝と最近キテル長尾が登場。長尾「俺な!さっきな!関ジュサンタ見てん!」道枝「いやー、嘘やろー」という一連の流れを経て幕が上がりクリパスタート。

 

ここからは感想になります。若干ネタバレを含むかもしれないです。

 

久しぶりに見た歌って踊る西畑大吾くんはびっくりするくらいかっこよかった。どう表現していいか分からないけど、全身全霊でパフォーマンスをする彼が好き。楽しそうに笑って歌って、時にキメキメで踊り、時にMCでお話をして。オールマイティという言葉が彼にはピッタリな気がする。何事も器用にこなし魅せるパフォーマンスをしてくれるんだもの。一瞬一瞬が輝いて見えた、そんなコンサートだった。

 

ここからは曲やコーナーにピックアップして語ります。

 

 

Supernova

康二くんのソロコーナー。この曲は今年の勝利ソロコンで初めて聞いて、聞くのは2回目。プレゼントボックスを開けたら、そこには椅子に座った康二くんがいるんだから「もう好きにしてくれ」という謎の感情が出まくる。そして何より格好良すぎる。普段おちゃらけて「ゴイゴイスー」を連発したり「数字が大事!」とアイドルらしからぬことを言ったりする人と同一人物とは思えないくらい、パフォーマンスがかっこよかった。康二くんのダンス、個性や感情をぶつけたような一生懸命なダンスで個人的に好き。康二くんはかっこいい曲を歌おう。

 

Hair

この曲は、去年のサマステで安井くんとあらんちゃんが歌っていたのを聞いたぶり。本当に、歌う人によって全く変わってくるんだなと!3人にしか出せないHairの世界が表れていたように記憶しております。funky8では丈くんが好きで、ずっと目で追っていたのも丈くん。丈くん...本当にかっこよかった...(しみじみ) 

 

こじけんとあくんコーナー

とあくんは初めましてだったんですけど、どこか風雅ちゃんと似たような雰囲気を醸し出す可愛い子だなという印象。こじけんはもう芸人みたいに思ってます(ごめん) 2人ってパッと見、話がかみ合わなさそうなのに、不思議とかみ合ってるし面白いし、おばさんびっくりしました。とあくん、これからの注目株。

 

僕はVampair

 恭平くんのソロコーナー?メインコーナーなんですけど、殺られます。安易に「恭平ちゃんだし」とか「恭平ちゃんでしょ?」とか思ってると本気でダメなパターンです(完全に公演前の私です) まず、衣装がバンパイアっぽい黒を基調としたもので、さらに黒のマントみたいなものをつけて下手から歩いてくる恭平くんは確実にオトコでした。そこで思いました。「いくらでも血を吸ってくれ!!!!」

 

メリークリスマス

強火二宮担日本代表の西畑大吾さんのソロコーナーなんですけど、本当にこの人は馬鹿かと思いました(めっちゃ褒めてる) 何がってステッキ持参で歌い始めるところとか、花が咲くような笑顔で歌ってたりとか、サビはそのステッキでエアギターし始めるところとか、とりあえず可愛いところとか、もうほんとに言葉にできないんだけど1つだけ言えることは「お前が好きだ!!!!!!!」二宮さんのソロ曲制覇しようとしているのかわからないんですが、次は1992*4##111をお願いします。サルエル履いてくれていいんだよ?

 

Love situation

 続いてらぶしちゅなんですが、まず選曲に合掌。しかもこれを黒スーツwith胸元のオレンジのコサージュで踊って歌うわけですから、オタクはみんな死んでしまうのも自明なわけでして。本家と同じ振り付けもあったり、オリジナルの振り付けもあったり。ここで問題なのは、歌割というか変なアレンジがあったんですよ。Aメロ大サビ前サビの順番。まさか。ということは「突然君からの誘いで履いていく靴に迷ってるおろしたての気持ちを抱いて滑り込む電車」までの私は若干泣きそうになりながらペンラを振ってたんですけど、次の瞬間「言い出せなくても構わないなんて~」と歌いだすので脳内が一気に

f:id:tanruaruatan:20161223222406p:plain

 

壁にぶち当たる松島大先生のような衝撃がきて。とりあえず次に思ったことは「これは想像したよりも早くチカヅキタイが来るな???」で、大吾くんのチカヅキタイを聞いたら

f:id:tanruaruatan:20161223222555p:plain

 

ここからの記憶はありません。恐るべし西畑大吾のLove situation。

 

蒼い季節~Be Cool~BIG GAME

個人的に最も印象深いところです。一言で言えば「関西の本気を見た」。この3曲、特に後ろ2曲は1曲踊るだけでも体力が大変だと思うのに、3曲ぶっ続けで踊り狂うんですもの、そりゃあ観客に何も残らないわけがない。彼らが必死になって何かを思って何かのために何かを表現するようにがむしゃらに踊る姿を見ると、胸がずきっとするような思いに駆られてしまって。体がぶるっと震える感覚を、ダンスだけで表現できることってそうそうないから、そういうところで彼らの本気を見ました。あと特筆すべきことはビクゲのどっかでしゃがんでいた西畑さんが目の前にいた道枝くんに投げチューしてました。道枝くんの反応は覚えていませんが、それを見た私の目はハートに突然変異してしまいました。

 

 

 ************************************

 

 

ジュニアって関東の方が顕著だけど、本当に競争が激しいから、この前まで前線で頑張っていても別の子が前に出てくることで後ろに下がってしまったり、彼らの周りの環境でやめる子だっているし、言ってみれば「その時の立ち位置で行うコンサートは数回限り」だと個人的には思っています。私達ファンは「辞めないで」という言葉とか勿論かけられないし、その立ち位置でずっと居て、あるいはもっと前に出てきて、なんて願望もそっと散ってしまうくらい何もできないんだけど、それでも彼らは私達の思いを汲み取ったかのようにパフォーマンスで魅せてくれて、さも安心させるように見せてくれるからジュニアの現場は楽しくてまた行きたいと思ってしまう。春の松竹...当たったら行きます...演舞場の東西SHOW合戦...チケット探します...

 

 

 

 

それから二宮和也さん、西畑大吾くんをこれからも宜しくお願いします(土下座)