読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jewelry boxes

ただいま時代を創っております

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017〜STAGEレポ総評(前編)

 

 

ご無沙汰しております。今回は先日5/7に感動的オーラスを迎えたSexy ZoneツアーSTAGEのレポ及び総評をつらつらと綴って参ります。ただ、毎度同じくただひたすらに長いので前編後編に分けたいと思います。それでは参ります。

 

※とあるオタクの感想なので優しい目で見てください。そして今回のレポの目標は「6回も入ったんだから結構鮮明に書いて残像が映るくらいに詳細を書く」です。

 

1.Overture

今までで1番良いOverture。オープニングの衣装を身にまとったメンバーが(おそらく)控室から歩いてくる様子が結構エモい音楽と共に流れてくる。エモすぎて泣いた。アップになる順番は勝利→マリ→中島→松島→菊池。途中途中でメンバーがエアーで楽器をセッションしている様子だったり、なんでだろ~をしているけんそう?だったり、ただのリアコの映像だったりが流れる。そうするとモニターが上に移動し始めて、赤い幕が見えてくる。その時モニターには上から階段を下りてくるメンバーが映し出され、その次に下から階段を上がってくるメンバーのシルエットが映し出されている。そうこうしたらホンモノがホンモノの階段を上がってくるからもう大号泣オタクになる。そして一気にライトを浴びる5人。もちろんオープニングの衣装で。みんな顔キメてる。ただのイケメン。

 

2.ROCK THA TOWN

勝利「れでぃふぉーざぱーりなーう!」と突然歌いだすので驚きが止まらない。これを最初に持ってくるのは良かった。1曲目にふさわしいけど、1曲目から腰振られても困る。RTTノリノリになれるし楽しい。

 

3.Celebration!

セトリ落ちしないセレブレパイセン凄すぎて凄い。今回のツアーでようやくセレブレパイセンのフリを覚えた。ありがとう。ちょっと目を離した隙にけんそうがいちゃつくので目が離せない。そこ、いちゃつかないで。

 

4.High!! High!! people

いきなりなんか久々に聞くイントロが流れて、突然メンバーが「ゲチュハイハイ!」と歌いだすから普通に泣く。まさかこのタイミングで聞けるなんて。いつから聞いてないんだろう。とにかくコーレスが楽しすぎ。こんな楽しかったっけ?Aメロに入るとけんそうまりがいちゃつき始める。大体ソチャンがケンティにチュー未遂orチューするしマリもケンティに頬を寄せる。ニコニコ聡マリと満更でもないケンティの笑顔が素敵。Bメロに入ると、さときくがひたすら私達が踏み込んではいけない2人だけの世界に入り込むから合掌オタクになる。菊池が勝利の頭を撫でたり(レベル1)、菊池が勝利を抱き寄せたり(レベル2)、「胸の高鳴り」のタイミングで菊池が勝利の胸をつっついたり(レベル100)、とにかく2人だけの世界。ありがとうございまーす⤴「街にあふれてる~」からはもう聡マリが聡マリ(大号泣)。見つめあって頬を寄せて。可愛すぎて泣く。間奏ではメンバー1人とメインバック2人でゲチュハイハイするんですが、中島健人さんは毎回with Bをするし、松島さんは毎回鼻の下投げチューするし、菊池さんは後ろ向いて「ちょうだい」とか「もっと」とか一瞬不機嫌なのかな?って思わせといて「愛してるよ」と全世界ぶっ飛ぶ爆弾投げてくるからあの人本当に怖い(褒めてる)。あの初々しい頃のハイピーももちろん好きだけど、大人Zoneになった今歌っても可愛さ健在だから世界はちゃんと回っててただただ尊い

 

5.Miss Misterious

まさかのセトリイン~~~~~~~!!!!すげえ!頑張ったなミスミス!そしてイントロ中に着替えるセクシーゾーンさんセクスィー!サイコー!勝利の「ミステリアス!」も最高すぎてしんどい。ハニバタのように白いスティックを持って歌い上げて、最初ふまけんがしゃがんでちびーずが立って歌うけど途中からふまけんが見つめあってそれこそなんかもうなんかデキてたし(語彙)、けんそうはソチャンがケンティの背中からお尻まで触ったり腰を回したりなかなかのなかなかの18禁なのでおばさん見てられない(結構本気)。例の白いスティックは、初日は白いままだったけど、いつからか緑に光るように。必要だったかはわからないけど、途中からただただライトセーバーにしか見えなかったのでめっちゃ面白かった。なんだかんだ言ってほぼ毎公演ジャケットを半脱ぎする中島くんですが、肩から二の腕がキモイので普通にやめて。調子に乗らないで。ちゃんとジャケット着て歌ってくれ。

 

6.Love confusion

説明するのが遅くなったんですが、今回のステージにはネオン管のようなものがいろいろなところに置いてあって。曲名のものが周りをとりかこんで、上にはそれぞれメンバーを模したものがあって。キレイでした。そのネオン管的アレが上にあがると謎にビーチに置いてありそうな白い椅子が出てきて座ってラブコン歌うんですけど、みんな足組んだりかっこつけたりするからしんどい。雰囲気の良い中のラブコンは無理みがすごい。

 

7.マリウスブロードウェイ的アレ

マリウスが英語でイントロダクションのようなものを。ちゃんと日本語字幕がモニターに出るので大丈夫。ブロードウェイみたいな感じの音楽。you...you...skip one and you...が可愛くて、可愛くて。5tageの意味の説明やSTAGEの解釈の仕方とか、英語だからすごいかっこよくてかっこいい。4日2部からは、横アリがなんかぐるっと光るようになって(語彙)、思わず声を漏らしてしまうくらい。キレイでした。

 

8.Why?

マリウスの「Shori Sato!」の声で暗転し、明るくなったと思ったらステージ階段には金色の衣装を身にまとった勝利さんがたたずんでいるからもうなんかごめんなさいという感情でいっぱいになる。「Baby...maybe...好きさ」の破壊力は安定。私達なしでも平気な勝利さんですが、強がんなよ~ばか~という気持ちになる。強がらなくていいんだよ?オタクを頼って?(誰)

 

9.Teleportation

モニターには4分割されてそれぞれの過去のコンサート映像が。右上の菊池のFakeがアップになり流れる。「1 Player Fuma Kikuchi」の文字。お次は右下、聡マリの雨だって。「2  Player So Matsushima Yo Marius」。右下、勝利のまだ見ぬ景色。「1 Player Shori Sato」。右上に移り、中島のCandy。「1 Player Kento Nakajima」。そうするとモニターには、1 Player 2 Playerと並べられて矢印が動く。どっちなのかなと思いきや、キーボード音で赤文字5 Playerと。そしたらいきなりテレポのイントロが流れて5人がステージに立って歌ってるから地球回りすぎて大丈夫か心配になった。は?え?は?理解がおいつかない。いみのわからなさ。どういうこと。「遥かな距離も飛び越えていく~」のところはふまけんが背中合わせになる。ただの墓。このテレポにふさわしい言葉が思いつかない。最高。大サビのアカペラが♪エモすぎてエモいエモすぎて〜となるくらいエモかった。

 

10.レーザーマリオネット

レーザーマリオネット考えた人誰?!ちょっと出てきて?!メンバーは各自手袋をつけていて、おそらくその手袋に仕組みがあって、私達が見えないところから緑のレーザーと手袋の何かが繋がって、マリオネットのように、操り人形のような演出を。勿論照明は暗い。だからこそ緑が映える。その時の音楽はオルゴール風の曲調。5人がピノキオにしか見えないオタクになってしまう。ソチャンちゃんとできてる!すごい!わあ!という謎の母性が出る。とても綺麗だった。

 

11.King&Queen&Joker

オルゴールといえばこの曲。レーザーマリオネットでの曲が終わると、KQJのオルゴールが流れて、鳥肌もの。流れが良い。そしたらもうみんなでダンスタイム。安定の楽しさだよね。みんなでフリがそろえられることが素敵。こういう曲をもっと増やしたい。

 

12.ダンケシェーン

KQJのあと、照明が暗くなって、おそらく動き出した人形はおやすみ~と感じられるような演出。そして松島さんだけ残って踊る。それからはメインジュニアがモニターに抜かれるんですが、本高くんはスーツに赤い花束を持っていたり、れいあちゃんはスケボとともにキメているけど、ここでの優勝はモニターに抜かれる度に高度な顔芸をする村木さん。ありがとうございました。しかも本当に結構な顔芸。そんなこんなで全員が抜かれると松島さんはお辞儀してそのままスライドダウンする。ここでファンがみんなで拍手をしたのもよかった。次は何かな~と思っていたら、突然「ダンケシェーン!」と元気の良いマリウスパイセンの声が聞こえて、次の瞬間、「ダダダダダダンイェイ!ダダダダダダンイェイ!ダダダダダダダダンダンダンダンダダダダッ!」とダンケシェーンのイントロが流れてくるから本当に精神おかしくなったようにコールを始めるオタク、全然嫌いじゃないよ??個人的には初めてダンケシェーンを現場で聞けて、コーレス出来て、本当に嬉しかった。マリウスの良さが詰め込まれた1曲、そしてみんなが笑顔で幸せになれる曲。こんなに笑顔になれる曲が今までにあっただろうか?

 

13.よびすて

なんかいい感じの照明になったと思ったらよびすてのイントロが流れて、初日はなぜか「おお〜」と感嘆してしまった。例の勝利さんの口笛だが、タイミング良く階段を登ってセンターで口笛をお吹きになるので尊みが凄い。オタクみんなでサビとアウトロを揃えられたのが圧巻だったし、ちゃんと踊れた私にも拍手したい。

 

14.Ladyダイヤモンド

よびすてのアウトロの後おそらく勝利さんの手が抜かれて指パチンをするとレディダイのイントロが流れ、巷で噂の中島健人さんのキラキラ煽りが始まる。「みんな〜〜輝いてんの〜〜?」「ほんとに輝いてんの〜〜?」「流石俺のLadyダイヤモンド(キラン)」…ハイ。と、この曲で待ちに待ったアリトロがお越しになる。席運に恵まれて通路横や通路横近くの席が降ってきたときは、真横をトロッコで通るメンバーたちのキラキラと格好良さであやうく気絶するところだった。

 

15.キャラメルドリーム

このツアーを回るまで、少クラの歌唱時のビジュの悪さとチョーカーのせいで嫌いだったこの曲だが、一気に好きになった。チョロすぎる。というのも、ちびーずとふまけんに分かれ(死亡案件①)、AメロBメロそれぞれでモニターには某snowのような猫耳などが映し出され、それに合わせてトロッコの中でしゃがむ彼らが可愛すぎて(死亡案件②)、中島「だけど目の前のたった1人に今は無我夢中」というパートでは、文字通りふまけんの世界の中で「たった1人」のタイミングで菊池を指差し(死亡案件③)、「今は無我夢中」のタイミングで菊池のほっぺをつっついたり(死亡案件④)、文字通り2人で照れながら微笑みあったりしたので(死亡案件⑤)、あまりのふまけんに「ハイハイふまけん」も言えず無言で合掌するしかなかった。大サビでは気持ちよく歌う中島健人さんが中島健人さんで汗がすごかった。発汗量測りたい。

 

16.Hey you!/ぶつかっちゃうよ

なんとまあ日替わりというか公演替わりというか、ランダムでどっちが来るかわからなくて、初日はもちろん、2公演目の3/26の1部の盛り上がりは本当に凄かった。その公演に入ったときの隣のオタクの方「アッ?!?!?待って?!?!?!ぶつかっえっ?!?!?!昨日歌ってないよ?!?!?!?!まってぇ〜〜〜〜」とすぐ号泣オタクになっていたが、こうなるも自然である。へいゆーならメンバーのツムツムが見れるし、ぶつかっちゃうよなら中島健人さんの「好きだバカ♡」が聞けるし、どっちにしても松島聡さんの全力を超えた全力ダンスが見れるのでありがたい。

 

~MC~

へいゆー、ぶつかっちゃうよがバクステでのパフォーマンスだったので、最初はバクステでMCをし、途中からアリトロでメンステまで帰ってMC後半戦をするというなかなか新しい取り組みで驚いた。ただ、アリーナは立ちっぱなのでそこはどうにかして欲しいけど、バクステ側のスタンドの人にとっては嬉しい取り組みだと思う。にしてもセクゾのMC…毎公演毎公演違うベクトルでのお話が多くて楽しかった。例えば宣伝ごとのときでも、別ベクトルで話を膨らませてくれたのでよかった。上手になったね。菊池の提案でMC中には洒落たBGMが流れていて、メンスタに並べられたネオン管も相まって「ここはBarか?」と錯覚されてしまった。Sexy Zoneさんにバーテンダー役をください?!

 

 

(後編に続く)

推しに神対応をされた話。

 

 

推しに神対応をされた、ただの自慢話なので、暇つぶし程度に見てください。

 

 

4月9日、幕張メッセで開催された「乃木坂46 17枚目シングル「インフルエンサー」発売記念個別握手会」に行ってきました。(ここまで一息)

 

ブログでは言ってなかったのですが、推し変しました。新しく寺田蘭世ちゃんを推しに。彼女のルックスは勿論のこと、並べる文字の綺麗さや芯の強さ、常に周りを見ている姿勢など、惹かれるところが沢山あり、このような次第になりました。

 

蘭世ちゃんはこんな子です。

 

f:id:tanruaruatan:20170413132633j:imagef:id:tanruaruatan:20170413132641j:imagef:id:tanruaruatan:20170413132722j:image

 

細いし可愛いでしょ?????わたしの推し!!!!!!!!!

 

そんな蘭世ちゃんに初めてご挨拶に行きました。自分の中で優先順位としてはジャニーズを1番にしているので、券は2枚と少なかったのですが、その2枚を握りしめて高まる鼓動と共に待機列へ向かいました。

 

握手会自体が10月ぶりだったので、その時よりも女の子の割合が高くなっているようで、人気をひしひしと感じました。そもそも券の完売の早さで人気は感じているんですがね。

 

とりあえず蘭世レーンのスタッフさんの可愛さがすっごいごいごいゴイゴイスー!(CV:向井康二)

 

いざ、蘭世ちゃんのレーンに並べば、ファンの方の幅広い層ったらありゃしない。老若男女、沢山の人に応援されているんだなーと幸せになりつつ、私は推しを目の前にするとそのあまりの可愛さに話すことが飛んでしまうので、話すことを何度も心の中で復唱していました。

 

さて、荷物をカゴに入れて、お姉さんに券を渡して掌を見せて、やっと蘭世ちゃんとご対面。ぎゅってしたら潰れてしまいそうなくらい顔も手も小さくて、かつ「アイドル」感が凄くて、ファンとアイドルの距離を感じてしまうような少しの儚さを持ち合わせた彼女を目の前に、言葉を振り絞りました。

 

私「初めまして!」

ら「初めまして!」

私「推し変して蘭世推しになりました!」

 

ぃぃぃぃよっしゃあああああ第一関門突破!!!!!ちゃんと言えたーーーッッッッ!!!!!!!!!!

 

すると蘭世ちゃんは目を大きくして、後ろに仰け反るくらい喜んでくれて。

 

ら「えー!ほんとに?ありがとう!」

 

…可愛い。

 

ら「推し変する前は誰推しだったの?」

 

意外と気にする寺田さん。

 

私「みなみちゃん…(苦笑い)」

ら「じゃあ、内緒だね」

 

という言葉と同時に蘭世ちゃんの左手が伸びてわたしの頰に触れました。

 

 

 

 

 

 

 

…ナニガオコッタ????

 

 

 

 

 

 

いや、真面目に。何が起こったかわからなかったんですよ。気付いたら荷物を持ってレーンを出てました…

 

 

一応もう1枚券があって、すぐループしたんですが、1枚目の威力が半端なくて凡の5秒を過ごしました。ループしたあともニヤニヤしながら並んでました。ニヤニヤしながら並ぶおじさんを見て一瞥したことがありましたが、何も言えねえ。わかる。寺田さん、凄すぎる。

 

 

***

 

1つ聞いていいですか。

 

アイドルってオタクのほっぺた触っていいの??????オタクが女の子だからってほっぺた触っていいの????????????そしてそれに喜ぶのをちゃんと知ってる蘭世ちゃん何者?????????????

 

 

ほっぺた触られたけど、剥がしの人もがっつり剥がさなかったしなんなんだ?????

 

 

正直、頰なんて触られると思ってないし、そんなことされたらドキドキが止まらないので私からは絶対に強要しないのに、いざ頰を触られたらもう…恋に落ちました…恋に落ちるってこういうことかって…胸キュンってこういうことなんだって…気づきました…お手上げです…

 

 

*** 

 

たった5秒×2枚の10秒だけしか彼女と時間を過ごせなかったけれど、夢のような時間で、もっと色んなことを話したいと思いました。こんなことを話したらどんな風に反応してくれるんだろう。どんな風に笑ってくれるんだろう。どんなお洋服を着てくれるんだろう。そういう楽しみが握手会にはあって、だから券を取るのをやめられない。私がジャニーズに費やすお金をもっと乃木坂に使えればもっと蘭世ちゃんに会えるんだろうと気付いたけど、それとは別の楽しみがあるんだと。何枚も券を取って会いに行くのも勿論楽しいし幸せだろうけど、この日しか行かないとか券が少ないからこそ、その時間を大切に出来て幸せに感じるんだろうなと思いました。

 

 

 

また6月に1枚取ったので、会いに行こうと思います。

 

 

f:id:tanruaruatan:20170414170855j:image

 

このお洋服でした。靴もラベンダーでした。可愛かった。とにかく可愛かった。また会いに行きます。

1日でジャニーズJr.祭り(横浜)とセクゾツアー(名古屋)をはしごした遠征話。

 

 

祭りの追加公演もなんとか終わり、セクゾも3都市目の福岡まで終わって、という時に時期的に「今更感」の記事をアップします。アップするのが遅くなってごめんなさい。

 

まず初めに言わせてもらいますが、私は現場はしごオタクです(誰も聞いてない)

 

大学生でオタクをしているのもあって、なかなかお金に関しては厳しいところがあり、どうやって節約するか。もうこれは1日にどれだけの現場をこなすことができるかにかかっているのです。

 

...にしても今回のはしごは正直どうしようか迷いました。今まで、東京の現場で2つはしごしたことはあるものの、こうやって別の場所ではしごしたことはなく、友人にも「辛そう」「マジで(ドン引き顔)」「フッ軽にもほどがある」といろいろ言われました。全部わかる。

 

というわけで今回のはしごは全ジャニオタの中でもレア中のレアだと思うので、こうやって記事に残しておこうと思います。温かい目でご覧ください。

 

~詳細~

では、今回の現場はしごの詳細を改めて記しておきます。

 

日にち:3月25日(土)

①ジャニーズJr.祭り@横浜アリーナ(以下祭り)

9:00開場 10:00開演

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE@日本ガイシホール(以下セクゾ)

16:30開場 17:30開演(※初日)

 

時間だけ見たら「行けるんじゃね??」って思いませんか。思うの私だけですか。その時点でちょっと狂ってるのかな。Feel so crazy~!!(?)

 

~申し込みから当選までの流れ~

恒例ではありますが、ツイートと共に振り返っていきましょう。

 

・祭り

12月17日 メールにて突如知らされる

 

  実はこの日現場だったんですよね、しかもトイレに並んでるときに知るという!

 

1月6日 申し込み開始

 

1月17日 申し込み締め切り

1月26日 当落

 

 

 

  自名義落選も友人が当ててくれたので行けることに。本当に感謝してます。

 

・セクゾ

12月25日 メールにてメンバーからクリスマスプレゼントを受け取る

 

 

 

 

 

 

 

 

1月11日 申し込み開始

1月27日 申し込み締め切り

2月13日 当落

 

 

 

 

 というわけで、あっさりと横浜と名古屋のはしご旅が決まりました(歓喜)

 

~持ち物~

・財布

・チケット

・新幹線の切符(新横浜→名古屋)

・お洋服

・コンタクト予備&コンタクト液

・めがね

・うちわ

・双眼鏡

・キンブレ

・うちわ保管用のファイル2枚

・フォロワーさんにお渡しするお菓子とお手紙

・文庫本×3

・充電器

・モバイルバッテリー

・メモ帳とペン

・チケットのお金(祭り、名古屋26昼)

・(一応)ウェルセクバッグ

・メイクポーチ

・スキンケア用品

 

特にもっていかなくて後悔したものはありません。大丈夫でした。現場は最悪チケットと財布さえあれば全然余裕。

 

...と思っていた私でしたが、自宅出発後2時間で最悪の忘れものに気付く。

 

 

 

 

モルフォ.K...............................................

 

 

 

 

中島くんのハニーである印を忘れるだなんて!どういうことだ!最悪すぎる!と思いつつ真顔で電車の乗り継ぎをしました。横浜ではちゃんとつけていこうと思います。

 

~怒涛の1日始まり~

 お待たせしました。それでは怒涛の3月25日、スタートです!

 

3:50 起床

    現場はしごオタクの朝は早い。

 

4:45 自宅出発

5:25 最寄り出発

7:32 新横浜到着

7:50 グッズに並ぶ

    並行して朝食を食べます(パンケーキとおにぎり)

 

8:10 グッズ買い終わる

    めっちゃくちゃ余裕でした。待ってる間、歴代ジャニーズのデビュー曲が流れており、全然退屈しなかったです。1人だったので心の中で全力で踊りました。

 

9:45 会場入り

    久々の横アリ、高まらないわけがない。

 

10:00 開演

12時過ぎ 終演

    特に詳細は書かないのですが、ド金髪阿部顕嵐さんに骨抜きにされました。永瀬廉さんのしんくゆーは...本当に...愛しすぎてみすゆ~~って感じです。なんだろう、サマステのような、EX規模でしかジュニアの曲を聞いたことがなかったから、横アリのような比較的大きい会場で沢山の曲が聞けたことがとても幸せで、この子たちがデビューしたらこんな感じなんだろうという感情と、ここからほんの一握りしかデビューできないのかという少し寂しい感情が入り混じってしまいました。横アリで聞くHiHi Jet、CALL、Prince Princess、この星のHIKARI、最高でした。

 

12:52 新横浜出発

    休む暇もなく、新横浜を出発。おひるごはんにと思ってお弁当を買う。ただ、ここで誤算。

 

新幹線自由席、空きがない!!!!

 

そうだ...そういえばこの日は土曜日じゃん...しかも土曜日の真っ昼間...乗車率100%超えるのも当然っちゃ当然か...でも、なぜ新幹線で立ち見しないといけないんですか??と思いつつ、1時間半本を読んでいました。さすがに通路ではご飯を食べることはできず。結構おなかすいたぜ。 

 

 14:17 名古屋到着

     初めて降り立つ名古屋。でも謎のホーム感。

 

14:43 ガイシ到着

     オタクの量がすごい。そしてグッズ列がすごい。優しい友人のおかげでグッズ列に並ばず、代行してもらえることに。ここで並んでいたら私の足はきっと大破してました(結構本気)。それからはフォロワーの方にあったり、すっかり忘れていたお弁当を食べたりして過ごす。

 

16:30 開場

     外周花道センステがないアリーナ構成を見て顔面蒼白になる。とかいうものの、いざ会場に入ると高まりが止まらない。

 

17:30 開演

20:09 終演

     公演の感想記事はオーラスが終わってからちゃんと書くので、ここでは簡単に書きますが、色んなことを感じる公演でした。公演自体は楽しかったです。あと、中島くんのビジュが最悪でした!

 

終演後にも友人に会ったりしたので、いざ帰る時は、笠寺駅が大混雑!小さい駅+なかなか電車が来ないということもあって凄いことに。なかなか電車に乗れなかった。

 

22:11 ホテル到着

     なんとか最後の力を振り絞り、ホテルに到着。怒涛の1日終了。

 

 

~今回の現場はしごを振り返って~

横浜と名古屋のはしご、正直行けます!!!!!!!(大声)

これを皆さんに伝えたい!結構思ってるより行ける!ただ、注意点としては靴問題。私が全日本低身長代表(153センチ)なので、厚底あり10センチヒールを履いていたんですが、本当に足が大破しそうなくらい痛くて、26日に夜行乗って、降りるときには足がむくみすぎて靴入らないくらいでした。もうそれはそれは凄いことで!ということで、公演中は高いヒールの靴、それ以外はヒールのない靴の方が安心だと思います(凄い低レベルの反省)。あとは新幹線で座れないってことだけですかね!ひかりとかこだまとかだと座れると思うんですが、まあ時間との闘いってところもあるので、難しいかなあ。一番大事なところだと思うんですが、2つの公演本当に楽しかったです!

 

 

私のような現場はしごオタクの方が増えるといいなと思います(真面目)。 余裕があればこの日の翌日、26日(セクゾ2公演)の遠征の模様もお伝えできたらいいなと思います。ご覧いただきありがとうございました!

中島健人くんが23歳になりました。

 

 

自慢の担当、略して自担の中島健人くんが23歳になりました。また1つ、年を重ねる瞬間にこうして彼の担当で居れて、幸せだなと本当に心から思います。

 

去年は彼との出会いとか諸々書いたので今年はテキトーに今思う事をつらつらと書いていきます。

 

 

それはそれは21歳の時とはくらべものにならないほど、22歳の彼にはたくさんのお仕事が入ってきて、私達が想像していないような大きな仕事もかっさらってきてくれて、それに全身全霊で応える彼をメディアを通して見ることができて、誇りに思った。勿論、グループが5周年だからというのもあるけれど、それにしても嬉しかった。

 

休む暇もないままコンサートのリハーサルを行ったり、コンサートの合間にはドラマの撮影を行ったり、レコーディングやテレビの収録、雑誌の撮影、さらにはバレーボールのサポーターや、ここ最近では単独CMも。Webの個人ページとかもあった。彼は一貫して「仕事にはMなんで」とカメラに向かって言うけれど、そんな一言で片づけられる量の仕事じゃなかったはずなのに、いつもファンを楽しませてくれる。その奇想天外な発想で、豊かな表現力で、様々な表情や仕草で、変わらぬ愛で、ファンを包み込んでくれる。いや、包み込んでしまうからその存在を疑ってしまうんだけれど。

 

中島くんの担当になってからというもの、彼が1歩ずつ、未知なる階段を上る度に、私も一緒に階段を上っている感じがして、私は何もしていないのに変な幸福感でいっぱいになる。「よかったね」「また1つ夢が叶ったね」と一緒に夢を叶える過程が、私の活力にも繋がっているのかもしれない。いつもありがとう。1人の男の人の夢が叶って、1人の女の人の原動力になるんだから、世界って凄い。今更感あるけど。

 

嵐の冠番組にゲスト出演したこと。女性誌で連載を持ったこと。この2つがこの1年で、特に嬉しかった。この2つでどれだけ多くの人に名前を知ってもらえただろうか。どれだけ多くの人に顔を知ってもらえただろうか。どれだけ多くの人にそのメンタルの強さと甘い言葉を武器にすることを知ってもらえただろうか。想像しただけで、何かの道が開けた気がして、これから起こるいろんなことにワクワクが止まらない。

 

ソロコンの時から、彼の発する「ハニー」という言葉をよく耳にして、その度にいろんな人から苦笑されて、それでも「ハニー」という関係性を徹する彼をよく見た。彼らしいなって。少し私も笑ってしまうけれど、そういう自分の世界観を大事にしているところが好きなんだよなと改めて感じさせてくれた。ソロコンも、「Hey!! Summer Honey」という曲も、夏の素敵な思い出として私の中でキラキラと輝いているから驚きだ。

 

「俺はずっと見つめてるよ」とソロコンの時に言ってくれたけど、それはこっちのセリフで。私はずっと貴方を見ているし、どこまでもついていきたい。そう思わせてくれるのは後にも先にもきっと中島くんだけなのかもしれない。だからこれからも宜しくお願いします。夢を見させてなんて言わない。夢を現実にしてほしい。現実を見させてほしい。夢のような空間なんていらない。真実しかいらないよ。飾らずにそのままを表現してほしい。なんて、とやかく言える立場でもなんでもないのがファンの使命。

 

「俺と出会ってくれてありがとう」中島くんと出会えた奇跡をこれからも大事にして、沢山感謝を伝えたいと思う。本当にありがとう。出会ってくれてありがとう。生まれてきてくれてありがとう。大好きです。

 

23歳のお誕生日おめでとう。

 

 

 

 

P.S.

中島健人さんへ。伝えたいことがあります。

 

①チョーカーを外せ

②髪を伸ばすな

③早く重岡さんとご飯にいきましょう

④メディアにボニータの写真を載せましょう

⑤全てを許すも何も、知らないことに許すことはできません

 

以上です。

ジャニーズ・オールスターズ・アイランドを新品の双眼鏡片手に観劇してきましたが、双眼鏡の話はほとんどしていません。

 

 

1月22日。記念すべき永瀬廉くんの17歳最後の夜に観劇してきた。千秋楽間近のおそらくほぼ完成されているだろう公演を見ることに関して、「早く見たい!」という気持ちも勿論あるが、それでもやはり完成されていたように感じる。幾らかなくなってしまった演出もあったみたいで、比較することができなかったが、私の中での「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」はこの公演であった。

 

そしてこの日の14時、私はビッグカメラ有楽町店にいた。そして、ものの15分で買う予定のなかった双眼鏡を買った。正直自分でもこんなに早く、そして値の張るものを買ったのは初めてで驚きを隠せなかった。どっちかというとモバイルバッテリーの方が欲しかったのに、なぜかレジに並ぶ私の手には双眼鏡が。謎すぎた。

 

 

 

 

ということで新品ほやほやの双眼鏡を手に、帝国劇場へと向かった。

 

今まで個人的には「すべてを裸眼で見たい!目に焼き付けたい!」という思考の持ち主だったのだが、使ってみると「なんで私はもっと前から双眼鏡を使わなかったのだろう...」という感情でいっぱいだった。それくらい表情もばっちり見えるし、最高だし、最高だし、最高だった。(語彙力)

 

ということで初めての双眼鏡を使った感想と、公演の感想をテキトーに書いていこう。テキトーに。テキトー。

 

まず最初に、オタクの皆さんに今更であるが忠告すべきことが1点ある。

 

佐藤勝利を双眼鏡で覗くと軽率に死ぬぞ

 

最初に扉から登場する勝利さんの登場シーンを見逃さないように扉が開く前から双眼鏡でピントを合わせてスタンバイしていた。そして扉が開いた瞬間、おそらく帝劇に足を運んだ全オタクはその美しい美貌にはっと息をのみ、言葉が出ず、やっと言葉が出たと思ったら「かっこいい...」か「尊い...」だったと思われる。それにしてもこの双眼鏡、素晴らしくはっきりくっきりと見える。

 

さて、前置きが長くなったが印象に残ったシーン等見ていこう。

 

開演

開演するとジュニアマンションが露わになるのだが、その瞬間新品ホヤホヤ双眼鏡(以下ホヤ子)を手に「よし、れんれん探すぞ~」と意気込むもテキトーにのぞき込んだらそこにれんれんがいるから私の察知能力は侮れないなと我ながら思ってしまった。そしてれんれんを見つけてほっと一安心した私は阿部顕嵐くんを探す旅に出かけるが、れんれんと違い一苦労してしまった。しかも途中移動するから!びっくりするじゃん?!双眼鏡で追いながらぐるぐるしてたら本当に変人じゃん!?何しでかしてくれるんだ!と思いつつ、まるで獲物を捕らえるように「見つけた...」という気持ちであらんちゃんを見つめ、またも視野にはれんれんを入れると、お隣さんは神宮寺ぱいせんだったので俺得に次ぐ俺得でそこだけでもうおなかいっぱいだった。それからここでのオープニングの音楽、エモすぎてつらい。去年の脳内がHiHi Jetならば、今回の脳内は「ジャーニーズオールスターズアイラーーーーンッッ」であった。

 

 

佐藤勝利さんの演技力

前回のジャニーズ・ワールドでも拝見したが、格段に演技力が上がっている。例のお父様の死を告白するところだけでなく、まだ見ぬ景色は圧巻だった。これでもかというくらい目を見開き、観客に自分の苦しみを訴えるかのような険しく、それでいて悲しみのある表情をしていた。こちらもホヤ子を用いて見ていたのだが、あまりの迫力に「これは本当に勝利さんですか?」と聞きたくなった。

 

 

真実の「演技」

例のシーン並びに平野紫耀くんのお母様のシーンでは、泣かずにはいられなかった。ここに彼らの真実を取り入れることに否定的な意見が多いが、私はどちらともいえない。勿論、1回限りでなく、長丁場の舞台で、何十公演も真実と向き合わなければならないことがどれだけつらいことか、それだけでなく、その真実の裏にある背景だったり、思い出だったり、いろいろなものが付随してフラッシュバックしてしまうことだってあり得る。そんなことを彼らにしてほしくない。でも、ここに真実を入れることで、ぐっとリアリティが増し、より彼らを親身に感じることができて感情移入しやすいのではないかと思った。自分が応援しているアイドルの苦しみや悲しみをすべて汲み取ることはできないことはわかっていても、感情移入せずにはいられなかった。彼らの真実の「演技」に、そのシーンでは私の周りではオタクの皆さんの鼻をすする音や目元をおさえる仕草などが見て取れて本当に驚きであった。私自身もこんなに舞台で号泣することは初めてであったから、目を伝うものにびっくりしたし、こんなにぐっとくるとは思ってもいなかったからだ。

 

 

ヒンデンブルグの阿部顕嵐くん

軽率だが、結婚してほしかった。

 

 

ナガセレンウォーク

謎の母性が出た。「そんなとこ歩いてないで降りてきなさい!」「やだ...れんくん...よくできたね...あとでお菓子あげるね...」

 

 

 

梶山朝日くん

和太鼓のシーンであるが、ホヤ子を手にずっと下手から上手へ見ていたのだが、1人全く見たことがない人がいて、「あ...和太鼓のプロの方かな?????」「でも和太鼓のプロの方がこんなとこに居ないよな????」となり、よくよく目を凝らして見ると...「カッ梶山ァ?!??!?!?!?!?!!?!??!?!!??!?!??!」見ないうちにとてもアメリカンになってて驚いた。彼には何があったんだ。

 

 

ケンタッキーのLOVE

この日のゲストは、ジャニアイゲストガチャでいうとSSRくらいのV6の三宅健くんと滝沢秀明さんであった。私ってこんなヒキがよかったっけ?どの曲も聞いたことがなかったのに一気にその雰囲気に飲み込まれてしまうから圧巻だった。最後のLOVEというケンタッキーが作詞作曲を手掛けた曲において、お二方がフライングしたのも勿論凄かったのだが、それよりも最高だったのは、全力を超えた全力でパフォーマンスする例のアメリカン梶山朝日さんを横目に見て完全にドン引いてる渡辺翔太さんでした。優勝でした。

 

 

本当にテキトーな備忘録なので、もうこれで最後になるのだが、本当にジャニーズの舞台は意味がわからない。とても褒めているけど、いきなり1幕の最後で「宇宙に行ってらっしゃい!」というセリフがあり、ここで初めて「宇宙」という言葉が使われるから...話の前後がわからないね?!?!

 

長丁場の舞台、お疲れ様でした。ジュニアの皆さんは祭り、勝利さんはツアー、準備の方頑張ってください。またお邪魔させていただきます。

 

 

 

 

新品ホヤ子...今後も使っていきたい。

2016年ジャニーズ楽曲大賞をツイートと共に振り返ってみよう!

 

ご無沙汰しております。本日は先日行われました、ジャニーズ楽曲大賞について投票したもの及びそれに関連した私のツイートを見ていただきたいと思います。とりあえずツイートに関しては私の若干狂ったものも多いですが、温かい目でご覧くださいませ。ではまいります。

 

 

  • 楽曲部門

1位:I seek (嵐)

 

この曲は2016年、本当にお世話になりました。I seekのイントロを0.01秒聞いただけで、「社長~!」と叫べる特技が見つかりました。セカムズも大変よかったです。嵐独特のハモリだったり、歌声が生かせている、そんな楽曲。聞けば聞くほどくせになる...

 

2位:シャンデリア・アベニュー (Sexy Zone)

 

最初に聞いたのは、QRZoneでした。聞いたその瞬間からもうシャンデリア・アベニューの虜。まさに虜。頭から離れない。ずっと脳内で再生されていました。大好きです。好きなところの一つとして中島くんのパート「この街で君に出会えてよかった」という歌詞が中島くんの優しい語りかけるような歌声とマッチしていて、聞く度にとろけそうになります(嘘のようでほんと)

 

3位:Love Confusion (Sexy Zone)

 

ついに、衣装に似たお洋服を探し当てるくらいになりました。この曲は、今までのセクゾにはなかった、大人っぽいテイスト。コンサートでの衣装も本当に素敵です。中島くんの衣装はえんじのスキニーなんですが、これを履くと本当に足が線にしか見えないくらい細くて長い足が強調されるので、もっと世間に広めるべきです。衣装なりなんなりの総合として3位に。

 

4位:Masquerade (Hey! Say! JUMP)

検索してもこの曲に関したツイートはしてないのですが、1回聞いてエモみを感じました。いかにも舞踏会を思わせる曲調やトランぺットの音が素晴らしく響いていて、最高そのもの。かっこよすぎか。

 

5位:シリウス (NEWS)

 

 

最初に聞いた時から大好き。テゴマスの歌唱力に驚きを隠せなかったです。「このまま時を止め夢のまま居られたら結ぶ星座のように君をずっと離さない」の歌詞が最高すぎて、しんどいよ。ここの曲の主人公とその恋愛について、色々な想像ができる、オタクにとって最高な曲です。

 

 

惜しくもランクインしなかった楽曲

・復活LOVE (嵐)

・罪と夏 (関ジャニ∞)

・Wonder (NEWS)

・誰にも解けないミステリー (Sexy Zone)

・Easy come! Easy go! Easy love! (Sexy Zone)

・Perfect Potion (Sexy Zone)

・New Day (Sexy Zone/佐藤勝利中島健人)

・Hey!! Summer Honey (Sexy Zone/中島健人)

花言葉 (A.B.C-Z)

・one chance (ジャニーズWEST)

・3秒笑って (ジュニアBoys)

 

  • MV部門

復活LOVE (嵐)

これに尽きる!何よりかっこよさの極みであること、斗真くんの友情出演、ワンカメ、何もかもが素敵!大人のかっこよさの極み!すき!

 

惜しくもランクインしなかったもの

・バッキバキ体操第一 (関ジャニ∞)

バッキバキ体操第一は2016年一世風靡したと思っています。いや、冗談なしで、一時期「バッキバキ体操はどの曲でも合う」説の登場により、毎日バッキバキ体操を見ては笑う日々を過ごしていたような気がしています。ジャニーズでは関ジャニさんじゃないとできないと思います。自軍がこれをやるところは全く想像できない...

 

・one chance (ジャニーズWEST)

驚くべきイケメン集団、そして流星くんセンターで「超いい...」。

 

  • 現場部門

ARASHI "Japonism Show" in ARENA

 

tanruaruatan.hatenablog.com

 

 

tanruaruatan.hatenablog.com

 

私の興奮ぎみはここではなく上の記事を見ていただけると幸いです(特に前編)。さてここで、ブログにも書かなかったのですが、私がアリツアを申し込み、当選を迎えての当日、そしてその後の関連ツイートを並べてみようと思います。

 

 

まさかここまで嵐のA・RA・SHIに懐古する日が来るなんて。

 

あと、席が分かる実質チケ開封後のテンションなんやねん。今年はご縁があればお邪魔させていただきます。頑張ろう、オタク。

 

  • 未音源化部門

OH! サマーKING (Mr.King)

とにかくエモい!エモみがすごい!最初に聞いた時からもう頭の中はこの曲でいっぱい!そしてナガセレンの「乾いた風を浴びながら手グシでヘアースタイリング」という歌詞がもう...もう...(語彙力) サマステではオタクたちはこの曲で洗脳されたと思います。好きです。今年もこんないい曲に巡り合うことを願っております。

 

惜しくもランクインしなかった曲

・CALL (Love-tune)

・情熱の色 (Mr.King)

・Prince Princess (Prince)

 

どの曲も洗脳ソングです!!!!!!!

 

Welcome to Sexy Zone Tour

...のメイキングがとても好きです。特に好きなのは大阪城ホール1日目で、中島くんが聡くんに「ストレッチ教えてよ」ということで2人でストレッチしてるんですが、あんなになんでもできそうな中島くん、体が硬く前屈ができない!!!!超可愛い!!!!!!!!!膝を曲げてしまって、聡くんに「曲げない!!!自分に強く!!!いや、曲げてもいいけど...」と言った瞬間最大限に膝を曲げて、「ぴょん」という音が似合う効果音もつきそうなくらいで足先をちょこんとつかむ可愛い中島くんが見れます。そのあと謎のタンクトップ先生(勝利さん)も登場します。他にも代々木をセグウェイで駆けずり回る中島くんや、ストレッチとは逆に聡くんにセグウェイの指導をする中島くん、こっそりセグウェイに乗るもバランスが取れなくて「うわああ!!」と思わず口にしてしまって乗っていたことがバレてしまうマリウス、リハでMr.Jelousyに突如参加しだす勝利さん、などなど盛りだくさんです。これでみんな買いたくなっただろ!!!!「セクゾちゃんかわいい!!!」ってなるところが多いよ!!!ほんとに多い!!!

 

  • 担当アンケート

中島健人

今年も宜しくお願いします。

 

 

2017年は2016年以上に多くの良い曲を聞き、良い映像を見て、オタク活動に励みたい所存です。頑張りましょう。

 

 

2017年のオタクとリアルの目標並びに#ジャニヲタの手帳について

 

 

あけましておめでとうございます!本年もこんな私ではありますが、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。

 

というわけで、今回は、2017年のオタクとリアルの目標、並びに#ジャニヲタの手帳に関してつらつらと書いていこうと思います。こうやって記事に書けば、目標で終わらずに行動に移す自分もほんの少しはいるのでは?という若干の希望をこめています。それぐらい私は計画だけ綿密に立てて行動には全く移さない人間なのです。びっくりですよね。そんなことは置いといて!それでは参ります!

 

※本当に自己満記事なので何も面白いことは書いていません。暇つぶしのそのまた暇つぶしにご覧ください

 

2017年のオタク目標について

まず、小さなことから大きなことまで10個挙げてみました。1つずつ思いついた順に見ていきましょう。

 

中島健人くんの誕生日動画を作る

最近、オタクの皆さんは自担の誕生日になると、加工画像だけでなく動画も投稿されてらっしゃる人が多いように思われます。それを見て思ったこと。

私も作りたい!!!!!

いやー、不器用な私が動画なんて作れるのか定かではないのですが、3月まであと3か月。ちまちまと作っていきたいなと思います。さて、実行に移せるのか!3月13日、乞うご期待!(今年の中島くんの誕生日は特に何かしらのメモリアルでもなんでもない23歳の誕生日です。)

 

②毎月現場に行く

去年は現場がない月があり、本当に字のごとく干からびていたので、今年は毎月何かしらの現場に行きたいなと思っております。さて、今年もうすでに決まっている現場なんですが、1月22日にジャニーズ・オールスターズ・アイランド、2月12日に蒼井翔太さんのツアー。のみです!今のところ!で、セクゾちゃんは名古屋と横アリにお邪魔しようと思っているので、今のところ穴が空いているのは…4月!!!!!!!!4月の現場!!!!!!!!!!とても求めてます!!!!!!!!!!と言っても4月は新学期に新歓にと大変なので、行けるかは不明。

 

③北海道遠征

去年の暮れ、関ジャニさんの札幌現場での出来事がありましたが、私は行きたい!北海道に行ってみたい!なんだろう、よくわからないけど北海道が俺を呼んでいるんですよね。実現できるのはセクゾちゃんなんですが、日程とお金がちょっと用意できそうにないので、今回は断念。今年俺は北海道に行くぞ!!

 

④推しから認知を受ける

これは乃木坂ちゃんに関する目標です。推しは星野みなみちゃん単推しだった私ですが、ひょんなことから寺田蘭世ちゃんも気になり始め、今や2人を推している状況です。どっちかでいい!どっちかに認知を受けたい!貢ぐぞ!

 

⑤SHOCK、滝沢歌舞伎、DREAM BOYSのどれか1つ以上に行く

これは去年の現場総括でも書きましたが、ジャニオタ人生を歩んでいた以上この舞台には死ぬまでに行っておきたい!当たってくれ!!

 

⑥夏の関西ジュニアの現場に行く

ただ単にAnotherを見に行きたい。今年あるのかわからないけど。

 

⑦SUMMARYをそろそろいい加減に買う

買うと決めて約2年。月日が流れるのは早い。そろそろ買う。ブルーレイで。

 

⑧CD・DVD・グッズの整理を行う

本来は去年の年末に大掃除の一環として行う予定だったんですが、まさかの体調不良にあって、大掃除さえもまともにできず…まずはお洒落にCDやDVDを飾れる棚から調達したい。

 

⑨少年収・番協に行く

文字通り。そろそろ少年収は行きたい。私はそのために受信料を払ってるんだから!当たって!番協は、私は免許を持っていないので申し込みすらできない状況。以下のリアルごとの目標にも入れていますが、免許を取った上で番協に申し込み、当てて行きたい。

 

中島健人がウルトラハイパースペシャル最the高マンということを忘れない

去年は忘れかけた時があり、もうちょっとのところで担降りするところでした。今年は忘れないように中島くんがさせてくれるはずです。

 

リアルごとの目標

こちらも思いついた順に行きましょう。

 

①本を10冊以上読む

もともと本を読むことが好きで、そういう勉強もしているのですが、何にせよ本当に時間がない。という言い訳しかしてなくて。今年はちゃんと本と向き合って読みたい。もう読みたい本はリストアップしてるんですけどね。

 

②ネイルをやってみる

生まれてこのかた20年。ネイルとやらをやったことがない!!これは女子としてどうなのか??と思った次第です。実はサークルで茶道をやっていたり、バイト先はネイル禁止だったりして、ネイルをしても数時間で取らなきゃいけないみたいな状況もできているので、まずはネイルチップから始めたいと思います。

 

③ジャニーズをテーマにした呈茶の見立てを考える

これは先ほどもあがった茶道に関すること。去年の2月に大きなお茶会に参加させてもらって、見立てというものに初めて触れました。見立てというのは、とあるテーマに基づいて「これっぽいな」「あれに似てる」みたいな感覚でお道具を決めて、そのお道具でお点前をするというもの。これを私はジャニーズでやってみたい。もう青いお茶碗で「青いイナズマ(SMAP)」薔薇の香合「Sexy Zone」というのは決めています。

 

花月をマスターする

これも茶道に関すること。花月というのは1種のゲームのようなもの。これをマスターしたいけど、いろいろ覚えるのが大変!頑張る!

 

ほぼ日手帳を続ける

3日坊主な性格を直したい&日々の記録をつけたいという目的です。1か月続いたらサラサクリップ全色を買うというご褒美のために1月は真面目に書こうと思います。

 

⑥車かバイクの免許を取る

20歳でまだ運転免許を取ってないのです。恥ずかしいね。なぜここまで免許から、運転から遠ざかってきたのかと言うと、本当に...へたくそなんですよ。実の父母からも「あなたの運転する車には乗りたくない」と言われ、自分でも「乗ると必ず事故確定なら取らなくてもいいのでは?」とか思っていたのですが、やはり就職の時に少しでも役に立ちそうだと思いました。夏に取る予定。乞うご期待。

 

⑦ブログを月1で更新する

その名の通り。でも、3日坊主の私にしては、2016年は結構続いた気がするので、このまま継続していこう。書きたい記事は山盛りてんこ盛り。

 

漢検の勉強をする

特別漢検が欲しいわけではないけれど、携帯やデジタル機器の普及で、「書く」ことが減ってしまって漢字を忘れてしまってる状態。こんな状態では非常にピンチ。ということで、別に受験するわけではないけれど、漢検対策の本を1冊終えられるのが目標。

 

⑨ヘアアレのバリエーションを増やす

お団子にしたり、三つ編みにしたり...それしかない!もっとおしゃれなやつ!それでいて可愛い髪形!私に降りて来い!

 

⑩単位を落とさない

大学生としていちばん大事よ。

 

 

 2017年の#ジャニヲタの手帳

実は2016年から手帳という手帳を初めて持った私。高校生の時も、普通に日程とか時間とかは記憶で補うという幾らかクレイジーな記憶力だけは優れた奴なんですけども、さすがにバイトやサークルなど大変になってきたということで、手帳を買いました。去年使っていた手帳、それがこちらですね。

f:id:tanruaruatan:20170104154138j:image

 

見てのとおり、ボロボロになるまで使いました。とても使いやすかった!最高だった!フリーページも沢山あって、フリーページは現場帰りのレポ記録用に使用。

 

f:id:tanruaruatan:20170104154148j:image

 

これに基づいて、ブログのレポを書いています。手帳を持つ前は記憶で補っていました(2回目)ちなみにリリイベのレポ記事はすべて記憶です。

 

tanruaruatan.hatenablog.com

 

今見たけどよくこの分量覚えてたな?

 

 

ということで前置きが長くなりましたが、今年お世話になる手帳について触れておこうと思います。普段使いの手帳はこちら。

 

f:id:tanruaruatan:20170104154119j:image 

 

アリスです。ちょっとでも可愛い感じにしようと思い、このような次第に。

 

f:id:tanruaruatan:20170104154447j:image

 

マンスリーページはこのような感じ。載せ忘れていますが、去年のものと全く同じ形式です。左端のところは、現場の予定やテレビ番組の予定を、実際に行く現場は青色で書いています。下の欄には行くか迷っている現場の定価をメモ。

 

そして、ほぼ日手帳はEDiTさんにお世話になります。

 

f:id:tanruaruatan:20170104154129j:image

 

こちらはちゃんと見せられるものができたらアップします(号泣)

 

 

ということで、本日は以上です。2017年がより実りのある1年になりますように。