読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jewelry boxes

ただいま時代を創っております

Sexy Zone担当がNEWS QUARTETTOにお邪魔した話

NEWS QUARTETTO

行きたい現場には神出鬼没な私が今回はNEWSさんのコンサートツアーin東京ドームにお邪魔しました。記憶が曖昧にならないうちに書き留めておこうと思った次第です。

 

そもそもの発端は友達がNEWSのコンサートがあるんだよね~とお話をしてくれて、「東京ドームでやるの?私東京ドーム行ったことない!行きたい!」という最早東京ドーム目当てで行きました。そんな甘い考えの私を後悔することになるとはこの頃の私は知らない。

 

とりあえず、予習という名でアルバム「QUARTETTO」を含む合計70曲近い音源を彼女に貰い、聞きこみました。色々あり、予習期間は1か月。どこまで覚えられるか。結果はアルバム全曲とシングル全曲といった感じ。まあまあ満足だったけど、反省点はC&Rと主要曲の振りを覚えきれなかったこと。次は頑張ろう。

 

丁度1か月前くらいに前回のツアー「White」のライブ映像を拝見して思ったこと。「これはヤヴァイ。」想像をはるかに超えた、作品のようなコンサートで、期待に胸を膨らませて当日を迎えた。

 

6月11日当日、グッズ列に並んでいて思ったこと。其の一。男性が多い。それも付き添いで~みたいな人も居るけど、マジでヲタの人も居る。びっくり。グッズ列で前に並んでた高身長イケメン、グッズ全部ご購入されててお買い上げありがとうございまーすって感じだった。公演中にも男性の声出しを求めていて、その声の大きさったらありゃしない。其の二。お美しい、可愛らしいお姉様が多すぎる。正直SZ担は似合ってないキャピった服装をお召しのお方とか結構いらっしゃるんですけど、NEWS担の方々、身の丈にあった可愛らしい、お美しい服装の方が多くて、一言で言うなら眼の保養。ありがとうございます...

 

前置きが長くなりましたがこれよりセトリ順に感想を綴らせてください。

(※オーラス終わったということでネタバレ含んでおります。悪しからず。)

 

1. OVERTURE

その前にセットを一通り言わせてほしい。赤幕にベルサイユ宮殿みたいなセット。(ベルサイユ宮殿は知らない)控えめに言っても最高としか言えない。セット上部にはQUARTETTOの書かれたプレートもある。セットの世界観が凄い。QUARTETTO、四重奏の雰囲気とマッチしすぎな案件。そして、セットから黒い衣装に身を包んだジュニア達が登場。手拍子、足拍子、揃いすぎ。どこから見ても完成度が高すぎる。そして赤幕が上がり、OVERTUREの映像が始まる。とりあえず、シゲアキ先生がタイプライターだったことは記憶してる。あと、手越さんがサッカーボール蹴ってた。映像が終わった頃なのか、よく覚えてないけど、気付いたらNEWS様がステージ上にいらっしゃった。衣装神。メンステ、バクステ、下手、上手からセンステに向かって歩いてくる。

 

2.QUARTETTO

正直興奮しすぎて覚えていない。けど4人のQUARTETTOの囁きと有り得ないほどの格好良さははっきりと記憶にある。サビの所でペンラ振るのが楽しすぎた。まだ手越さんの喉は本調子じゃないよう。

 

3.ANTHEM

うぉーーーーーーおおおーーーーーーーーおおおーーーーーーーーおおおおーーーーーーーーー。セトリが素晴らしい。会場のボルテージをどうやったら上げられるのかをこの人たちは知っているのだなという感じ。これもペンラを振るのが楽しすぎて、私の右手に少し痺れを覚えるようになった。もう歳だ...

 

4.チャンカパーナ

イントロ聞いた瞬間に私多分最高潮のテンションになりました。ちゃんとスタンドマイクで踊っていただけて、素晴らしかった。これが生のチャンカパーナか...という謎の感想。まだ手越さんの喉が本調子じゃない。アレ?

 

5.希望~Yell~

うっすら「振りをペンラでやるんですかね...?」となりながら恐る恐るペンラを振っていました。

 

6.チュムチュム

衣装が変わる。パッと見ダサいのに着こなしちゃうから不思議なもの。これもイントロを聞いた瞬間テンションが最高潮に。これが生のチュムチュムか...というチャンカパーナと同じ反応に。踊った姿を見たいなという曲でちゃんと踊ってもらえるので、本当に嬉しかった。

 

7.KAGUYA

バクステにキターーーーーーーー!!しかも傘持ってるーーーーーーーー!!最高ーーーーーーーーーーー!!衣装アレのままで歌っちゃうのーーーーーーー!!花吹雪?紙吹雪も飛ばしていて、しっかりと世界感を演出されている。流石。KAGUYA本当に好きなので、歌ってもらって良かったな、と。

 

8.太陽のナミダ

何て言うのかな、あの、可動式の...ムビステでいいのか?あれに乗ってきてもらえて、テンションがまたまた上がる。結構予想よりも早くて驚き。テゴマスだったかな?手越さんもまっすーもオーラが凄かったな、という小学生並の感想を。

 

9.Happy Birthday

C&Rをしました。記憶が喪失。

 

10.チェリッシュ

予習で学んでいませんでした...あいふぉんには入っていたのに私が聞いていませんでした...申し訳なさが募ります...

 

11.星の王子さま

シゲアキ先生のソロコーナーはシゲアキ先生にしか出せない独特の、それでいて個性的な演出。イントロ前でメガネをクッと上げる仕草をドヤ顔で繰り出すシゲアキ先生にババアはすぐ逝きました。格好良さが強調された演出、本当にやばさしかないし、圧倒的に語彙力が足りない。

 

12.LIS'N

みんな大好きまっすーのソロコーナーはもはやまっすーと呼ぶのを躊躇うくらいの格好良さ。マスダパイセンって感じ。もともとこの曲はとても好きだったので、ちゃんと見れて良かった。ジュニアもちゃんと仕事をしている。良い意味で目立ってないし、たたせていて素晴らしい。

 

13.Touch

曲前に少しの演出。Touchのイントロを少し弄った感じの音が鳴る。前の人もそうだったけど「シリウス?ん?」ってなって実はTouchでした~っていう、イントロ詐欺をされてしまってなんとも言えない感情に襲われてしまう。

 

14.NEWSKOOL

モニターにちゃんとそれぞれのパートでそれぞれが抜かれて、歌詞もいい感じに加工されてて、「これだよな...!」という感情でいっぱい。

 

15.weeeek

あしったっからまたにちげつかっ!(訳:記憶がないです)

 

16.Departure

モニターが某ニコ動と完全に一致。笑い過ぎてお腹が痛い。しかもイントロアウトロでは良く分からないC&Rを要求される。こやまさんが楽しそうだった。にしても、Departureってもともと良い曲なのになぜこんな面白い曲に仕立てるの...?NEWSさん何者...?

 

~MC~

前日にこやまさんと手越さんが日テレを朝からお昼にかけてジャックしていたお話に。こやまさんはZip、スッキリの後はeveryのロケに向かう一方、手越さんはZip、スッキリ、ヒルナンデスに出演後、ドル誌を撮影し、夜にフットサルに行って今日を迎えるという鬼スケジュール。小山「ちなみに増田さんの昨日のスケジュールは?」増田「お買い物してました。あ、みんなを見てましたよ」と言った直後に「みんなには申し訳ないんですけど、朝10時頃に起きて...」一同「それ俺ら見てない!」増田「前言撤回します、朝5時に起きました」が面白かった。NEWS仲良いね。他にも、木原さんが見学に来られていて、手越さんがしたご挨拶がチャラすぎて面白かった。チャリTを着せられたマネキンを運ぶ小山さん、不覚にも可愛かった。男性がコンサートに来た時のコンサート中の仕草3パターン程をする手越さん。面白かった。俺はいいからこいつ(付き添いの女の子)に構ってやってくれという意味で女の子を指差す仕草をしている手越さんの顔が圧倒的にチャラい。それから、手越担、増田担、加藤担、小山担4連でお越しになったファンで、近くにこやまさんが来た時に他3人が小山担を激しく指差す仕草。面白すぎるし、何よりこやまさん本人と小山担の1人二役をするこやまさんがあたふたしていたのが可愛かった。

 

17.愛言葉

センステにオルゴールが置かれてあり、メンステからセンステに4人が向かう。そしてオルゴールを回すと愛言葉のサビのメロディーが。そしてそのオルゴールに合わせて5万人合唱。その後に愛言葉が始まる。素敵な時間で、しっとりと歌い上げて、本当に素晴らしかった。そして何よりペンラのウェーブ。2階席だったので、本当に綺麗でした。そして、一旦消して「せーの」で点けた瞬間。鳥肌がたった。

 

18.Theme of  "QUARTETTO"

いつの間にかメンステは例の赤幕が下ろされており、ジュニア達もスタンバイ。メンステに向かい、4人はける。そしてジュニア達が踊り、一礼してブザーが鳴り、幕が上がる。後半戦の始まり。

 

19.四銃士

幕が上がったと思ったら指揮者の方が。オーケストラがそこにいるなんて誰が考えたことか。驚きすぎて鳥肌が立ちまくり。そして四銃士のイントロ。東京ドームで、オーケストラの演奏。こんなにも重厚感があって、心踊らされるものだとは思いもしなかった。4人も黒い衣装に身を包み、ハットも着用。格好良い。

 

20.星をめざして

メンステの階段に座ってオーケストラの演奏をバックに歌い上げる。とにかくオーケストラの威力が凄すぎる。心まで音が響いてくるような。

 

21.愛のエレジー

こやまさんのソロコーナーはバクステでスタンドマイクで魅せてくれて全私が泣いた。格好良すぎて死んだ。ラストセンステは何か足に引っかかっちゃったのかな?倒れ方がこやまさんクオリティの可愛さだった。

 

22.Encore

みんなの王子様手越さんのソロコーナーは、メンステに置かれた椅子に座ったところからスタート。指輪を外そうとするも外せない手越さんが歌い始める。とにかく歌が上手すぎる。序盤の「手越さん?アレ?」と思ったのがここにきて本調子も本調子。全私が泣いた。最後は指輪を外して捨てる手越さん。んー、最高。

 

23.I・ZA・NA・I・ZU・KI

一言で言うなら理解が追いつかない。全体が暗くなって、衣装だけが光を帯びて、顔は見えない状態で最初はまっすーから登場。次はシゲアキさんだけど、デコ出しオールバックフォー!カッケー!シゲアキ先生カッケー!フォー!いざないづき、本当に好きなので、もう最高しか言えなかった。

 

24.Wonder

セトリが最高すぎる。そして期待を遥かに上回る特効の量。火もメラメラ、バチバチ。もともとこの曲、アルバムの中で1番好きで演出に期待寄せてたけど、本当に凄かった。特効は勿論の事、照明も色鮮やかで映えていたし、何よりペンラ制御で消えていたことによってより映えるんだなあこれが。拍手喝采。

 

25.シリウス

セトリが最高すぎる(本日2回目)テゴマスの安定した声量と歌が上手すぎる。本当に上手すぎて泣く、泣いた。そしてここで点くペンラも本当に計算され尽くしていて、もうなんだか生きてて良かったという感じ。

 

26.NEWSニッポン

この辺りからラストスパートをかけ始めるにゅーすさんです。そしてまたもムビステを活用してくださり、嬉しい限りです。こやまさんとシゲアキさんだったかな?ちゃんとC&Rやりました。楽しい。

 

27.サヤエンドウ

記憶がない。

 

28.恋のABO

C&Rも楽しい。一体感を感じる事が出来る。更にテンションが上がる。

 

29.TEPPEN

振りを覚えていなかったのに少し踊れたのは我らが中島くんがジュニア時代にこの曲を踊っていたからですかね…中島くんありがとう…

 

30.NYARO

こやまさんが「やなこと全部置いてけよー!」と言ったので喉が枯れるほど叫びました。にゃろ。にゃろ。

 

31.ヒカリノシズク

シゲアキさんの挨拶。「4人になってから4年、そして4枚目のアルバムを出せたからこそ素敵な四十奏を奏でられたのではないかと思います。NEWSはまだ上を目指して頑張っていきます」からのヒカリノシズク。もう泣きそうで泣きそうで。本当に歌上手くて震えた。さっきから込み上げてくる「生きてて良かった」の感情でいっぱいに。この曲で本編終了。

 

32.ONE -for the win-

アンコール1発目。手越さんはツアーT、こやまさんとまっすーはパーカー、シゲアキさんは何をお召しになっていたか忘れた。結構トンチキソングという印象だったんですけど、公演中はトンチキ歌詞を自然と口ずさんでしまったのでまさにコンサートマジックでした。4人で上手からまたもムビステに乗ってきてくださり、4つのムビステ、高さが地味に変わって東京ディ◯ニーランドのパレード感が半端なかった。

 

33.さくらガール

本当に好きな曲!本当に好き!普通に好き!愛してる!

 

34.恋祭り

今まで様々な現場を経験してきました。その現場現場でタオルを振り回せと言われても断固拒否してきた私が今回始めて言うことを聞きました(謎情報)いやー?恋祭り楽しすぎて、どちらかと言うと3時間恋祭りでも良い感じするね?(盛り過ぎ)

 

ダブルアンコまで行けるかなあと思ったけど規制退場のお知らせになってしまってここで終演。2時間半。

 

総評

こんなに楽しかったコンサートは3年前の嵐さんのLOVE以来。終わった後の満足感が半端なかった。とにかく世界観の表現、完成度の高さ、セトリ、演出、構成、照明、ペンラの制御まで逐一計算されていた。赤幕が上がるときにはブザーがちゃんと鳴って、ジュニアも一礼しているあたり、計算されすぎていてびっくり。最近SZの発展途中のコンサートばかり経験していたので(別に貶していない)ここまで完成された、もはやジャニーズではなくアーティストとしてのコンサート、いや作品を魅せられて本当に鳥肌も立つし、楽しかったんだよとにかく!(語彙力が足りなくて半ギレ)特にペンラ制御と照明の使い方が印象に残った。ペンラ制御のコンサートを体験するのは初めてだった。「あ、消えた!」「あ、点いた!」という驚きのようなワクワク感のような。消えたらきっと何かがあるのかな?とワクワクするし、点いたら、ステージの演出を見て、そう来たか!(CV:ジャニーズWEST)と驚かされた。ペンラが消されることによって、ステージに自然と目が行くし、何より照明の色が映える。うーん、これは全グループ取り入れるのもいいかもしれない。過去のセクセカコンサートであの勝利さんが「みんなペンライト消してみてー?」と言っても消えなかったし、こちら側としては苛々が募るよね?みんなで一緒にコンサート作り上げようよ!ってなってるのに、そういう人が居たら折角のコンサートも台無しだよね…でもペンラ制御なら勝利さんに苛々なんてなくなるだろうし、良いコンサート作り上げられるし、何より一旦消えてて、一斉に点くあの感じ、本当に一体感!セクゾちゃん4/5見てんだし、ペンラ制御取り入れよう?ね?と、話が脱線してしまった所でこの辺りで終わりにさせていただきます。スペシャルサンクスは誘ってくれたわたしのお友達!今度は嵐さんの現場に一緒にお邪魔します!またどうぞ宜しく!そして魅せてくれたNEWSさん!ツアーお疲れ様でした!また機会があればお邪魔したいです!最高!